A Life with a glass of wine

慌ただしい毎日でも1杯のワインがあれば。人生を豊かにしてくれるワインと日々の記録。

いきなりステーキでマリアージュ

先日は初いきなりステーキ。
ワインとのマリアージュを試しに行ってきました。


実は、今度開くことになったワイン会でいきなりステーキを出してもらえることになり、どんなワインを出そうか考えていたのですが、普段ワインのクラス以外でパワフルな赤ワインは飲むことが少ないのです。


色々思案した挙句、いきなりステーキの常連かつ美食家の知人に相談し、アドバイスしてもらったワインを試しにいくことにしました。

 

購入したワイン2本とマイグラスを携え、訪ねたのはショッピングモールのフードコート内のいきなりステーキです。

なんとすごい長蛇の列・・・。
みんなどんだけ肉を欲してるんだー!としみじみ感心。
肉の求心力ってほんとすごい・・。

 

私はスタンダードにリブロースステーキ300gレア。
夫はヒレステーキ300gレア(←このセレクトがまたさっぱりしたもの好きを物語る)。

 

 ステーキが焼き上がるまでにまずは一杯。

 

f:id:essentialoflife:20171224175737j:plain

銘柄:“Rimosso” Lambrusco di Sorbara D.O.C
生産者:Cantina della Volta
産地:イタリア エミーリャ・ロマーニャ州 
品種:ランブルスコ・ディ・ソルバーラ100%
生産年:2014

 

色調はやや淡めのローズを思わせる赤、濁りあり
フルーティな辛口
タンニンも程よくエレガントで爽やかな味わい

 

メトド・アンチェストラーレ、すなわち非常に伝統的で素朴な方法(田舎方式とも言われる)で造られているようです。一次発酵を完全に終える前に澱ごと瓶詰めし、糖分や酵母を追加せずにそのまま瓶内で発酵を続け、フィルターをかけずに澱ごとリリースされています。

今回なぜランブルスコを持っていったかというと、知人曰く「ランチでステーキ食べるときはコーラを頼むから、辛口ランブルスコなら果実味も豊かだし」と。思いもしない意外な発想でしたが、面白いなと思い試してみることにしたわけです。

 

しかし、開けてみて・・「あれ?」
ランブルスコといえばもっと若々しい濃い紫色のイメージだったけど、これは・・・
美味しいんだけど、ステーキではなかったか・・しまった・・・

これはやはり定石で生ハムとか加工肉の方が絶対合う。
Rimossoじゃなくてメトドクラシコの方だったら良かったのかなあ・・・。
うう、残念。あまりよく調べもせずに買ったのが悔やまれる。

でも食前酒または肉の後に油を流してくれる食後酒としてすごくいい♪
前菜持ち込めば良かったか・・・(←ダメです)


もっと濃いランブルスコならステーキに負けないのかもしれないけど。
今日のはエレガントで可愛すぎました。
また改めてリベンジします。

 

さあ、いよいよステーキが焼きあがってきましたよ。
ここでもう1本の登場。
いきなりステーキで出されるグラスワインの上級キュベ。

f:id:essentialoflife:20171224175907j:plain

 

銘柄:La Cuvee Mythique Limited Release
生産者:ヴィナディス
産地:フランス ラングドック地方 ミネルヴォワ
品種:シラー、グルナッシュ、ムールヴェードル、カリニャン
生産年:2012年

 

これ、おいしーい。
辺縁はオレンジがかって熟成入りつつある印象。透明感のあるガーネット。
甘く熟した(しかしジャミーではない)黒系フルーツ、スパイス、ドライフラワーや枯れ葉のような熟成の香り。
タンニンの量は中程度で滑らか、酸とのバランスも良い。
果実味豊かで、色気と野性味を感じる味わい。

肉に負けない力強さもありつつ、エレガントさも残している。
これは・・・すごくいい♡
 

f:id:essentialoflife:20171222163434j:plain

 

最初に写真撮るつもりだったのに、ステーキがきたらすっかり舞い上がって撮り忘れてしまいました。結果、こんな美しくない写真しか残せず・・・無念。

それにしてもすっかりお酒も進み、ショッピングモールのフードコートだというのに人目もはばからずに楽しんでしまいました♪


いきなりステーキ、確かに人気が出るのわかる。私もまた行きたいです。

 

鴨のすき焼きとボルドー

12月に入ってすっかり本格的な冬。あっという間に今年もあと1週間。
 
先日はまた平野由希子さんの本から
「鴨とトレヴィスとクレソンのすき焼き」を作ってみました。

f:id:essentialoflife:20171224182234j:plain


我が家はけっこうな郊外なので、近くのスーパーにトレヴィスなんておしゃれ野菜など売っている筈も無く・・・わざわざ都内まで遠征。

 

合わせたのはこちら

f:id:essentialoflife:20171222164126j:plain

 

 

銘柄:シャトー・デギュイユ
産地:ボルドー コート・ド・カスティヨン
品種:メルロ 80%、カベルネ・フラン 20%
生産年:2012
価格:3000円台

 

色調は濃い紫だが、辺縁は紫が抜けかかり、オレンジがかっている。
香り豊かで完熟した黒いカシスやブラックベリーの香り。
甘く熟しているがジャミーというほどでもない。
スパイスや木目調の香り、枯葉や少し腐葉土、キノコのような香り、煙のような香りもあり複雑だが果実の香りが多くを占める。
タンニンは豊かだが滑らか、柔らかな酸もありバランスが良い。
わずかに金属のようなミネラル感もあり、苦味もある。

 

全体の印象としてはちょっと柔らかな果実味が強すぎる印象でしたが、複雑でタンニンや苦味もある。少し熟成感もあり飲み頃のワインでした。
同じワインを割り下に加えて、すき焼きによく合いました。

これはワイン教室のテイスティングで美味しかったので購入しておいたもの。
ビオディナミでのブドウ栽培、醸造技術や設備の近代化を行い、「マスターオブワインの選ぶお値打ちボルドー」としても知られる、コストパフォーマンスの良いワイン。

 

ボルドーは合わせる料理や飲む量によっては全然OKですが、普段の日本人の食卓にはなかなか合わせづらいと感じてますが、こんなのを飲むと、ボルドーもなかなかいいなと探検したくなります。家飲みとしてはとっても幸せなマリアージュでした!

 

晴れた休日のシードル

晴れた休日の午後。

差し込む光にシードルの泡のきらめき。

f:id:essentialoflife:20171204122009j:plain

 

 

あり合わせで作ったタマゴサンドとともに。

メゾンカイザーのバタールはやっぱり美味しい。

長野土産のリュードヴァンのシードルは甘くはないけどりんごのフルーティさがしっかり感じられて美味しい。

幸せで昼から飲みすぎました・・・。

 

アルトアディジェ、フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州の土着品種

ちょっと前のイタリアの講座について書いていた記事。
アップ寸前で止まっていたものを見つけました。
本当は毎回講義の度に書こうと思っていたんですけどね・・。あまりにも内容が濃厚で。とても書ききれなかったのです。
 
これはせっかく書きかけていたので備忘録も兼ねてアップいたします。
 
 
全然基礎やないやないかーい、といいたくなる奥深ーいイタリア基礎講座。
エキスパート試験でも聞いたことないワインやブドウも多々。
売れてるワインの裏事情や、売れてないけど頑張ってるワイナリーや産地について先生の熱い思いが溢れる話で毎回盛りだくさんです。
 
北イタリアのトレンティーノ・アルトアディジェ、フリウリ・ヴェネチア・ジューリア州の回。
アルト・アディジェ、フリウリ・ヴェネツィア・ジューリアはどちらも素晴らしいミネラル感を持つ白ワインを生産する地域。
アルト・アディジェのミネラル感は石英斑岩、ドロマイト由来。
フリウリ・ヴェネツィア・ジューリアのミネラル感はポンカと呼ばれる泥灰土に由来するもので、イタリアで一番ブルゴーニュに近い土壌だそう。
 

f:id:essentialoflife:20170722114948j:plain

これだけ覚えてくれればいいから、と言われるブドウの土着品種は既にマニアックでなかなか覚えきれませんが、それはさておいても知らない品種との新しい美味しい出会いにはワクワクします。
 
1番左のワイン
銘柄 Vitovska Carso DOC 2011 
生産者 Castello di Rubbia
品種 Vitovska(ヴィトフスカ) 
 
山吹色に近い濃い黄金色。
香りは比較的控えめだが、熟れたグレープフルーツやカシューナッツ、アーモンドの香り。
酸は高めで渋みも感じられる、辛口。
ボディがあり、塩っぽい、石っぽい硬いミネラル感。
 
先生曰く、香りに鉄分を感じるワインであり、このようなものはオマール海老が合うとのこと。また、カジキマグロなど脂ののった魚のソテーや白身肉などにも。
妄想だけで唾液腺が刺激されます。
このワインの生産地はカルスト土壌であり(銘柄に含まれるCarsoはカルスト土壌のこと)、硬い岩盤を削岩機で崩して畑を作る場所。
土壌の赤土由来のミネラル感、クリスピー感が特徴です。
ワイン自体は決して安くはない値段ですが、先生曰く、この値段は削岩機代。生産者を訪問すると醸造設備や畑よりもまずは「うちの削岩機」を自慢してくる土地柄。笑えるけどワイン造りの苦労がしのばれます。
 
左から2番目
 銘柄 Friuli Colli Orientali 2015
 生産者 Petrussa(ペトルッサ)
 品種 Friulano (フリウラーノ)100%
 
色調は淡いグリーンイエロー。
香りは華やかで青リンゴやグレープフルーツ、ベルガモットなど。
ミネラル感やスモーキーさも感じられる。個人的にはソーヴィニヨンブランに通じる麝香的な香りもわずかに感じました。アロマとアルコールのアタックが印象的。
軽やかで瑞々しいフルーティさとしっかりしたミネラル感。
酸は中程度で、わずかな苦味もあり。
余韻は長く果実味、アルコール、ミネラルが中心となって長め。
ALC 14%
 
料理 生ハムやニジマス、フリッコ(チーズとジャガイモのおやき)
いい生ハムは繊細なので赤ワインを合わせると香りも味わいも打ち消されてしまう。
こんな白ワインが合う、との先生の説にしみじみ納得。
 Petrussaはフリウラーノで最も洗練されたトップ生産者の一人。
 
左から4番目
 銘柄 Ribolla Gialla 2014 IGP
 生産者 Ronco Severo
 品種 Ribolla Gialla
 
濃い黄金色
熟した白桃、ドライになりかけたパン
エニシダ、アカシアの蜂蜜、スモーキーな独特な香り
最初に塩味や苦みなどのミネラルを感じる。
 
 左から5番目
 銘柄 Lagodi Calclaro classico superior 2014
 生産者 Manincor(マニンコール)
 品種 Schiava(スキアーヴァ)

とても輝きのある淡い赤みがかったルビー
香り高く、熟度の高いフランボワーズなど赤いフルーツの香り。小さい赤い花の香りや、サラミなどのスパイシーな香りやタバコのスモーキーな香りもあり。複雑で豊かな香り。

透明感のある第一印象、やわらかな酸だがそれなりにしっかりしている、きめ細かくなめらかなタンニンがしっかり感じられる、石灰のようなミネラル感。辛口。

 深すぎない軽いブルゴーニュグラスで飲むのが良いとのこと。

Schiavaはアルトアディジェの色の薄い品種だが、最近のエレガント志向により流行してきているらしい。
これは完全なるビオだけど、こんなにクリーンで美しいワインにできるんだなあ・・・と感服。ピノ・ノワールが好きな私としては、個人的にはすごく好み!

 

 

 授業のテイスティングは唾液をしっかり出すためという名目でパン一切れは出るのですが、イタリアの楽しい豊かな食文化の話を聞きながら、食べ物なしにイタリアワインを飲むのって軽く拷問に近いです・・。
 
イタリアはローマやヴェネチア、フィレンツエなどメジャーな観光地にしか行ったことはないのですが、こうしてワインとともに現地の話を聞いていると、時間をかけて旅をしたくなります。
 
先生は以前イタリアのワイナリーツアーもやっていたそうなのですが、あまりにもスケジュール通りに進まず、コーディネートが大変すぎるのでやめたんだそうです。残念だけど、イタリアだから・・・仕方ないか・・。
 
元々はブルゴーニュワインの美味しさからワイン好きになったのですが、全く違う素晴らしさがイタリアワインにはあります。
気さくでおおらかで複雑で人間味があって、
好みはそれぞれあると思いますが、どちらも素敵な魅力に溢れています。
ワインと人間の歴史・文化の多様性にただただ感嘆するばかりです。
 
 
 
 
 

日々のワイン記録 ヴィレクレッセ 2015 アンドレ・ボノーム

銘柄:ヴィレ・クレッセ
生産年:2015
生産地:フランス ブルゴーニュ地方 マコネ地区 
生産者:アンドレ・ボノーム

 

f:id:essentialoflife:20171126153740j:plain

 

外観 澄んでツヤ、輝きのある淡いイエロー
香り 青リンゴ、洋ナシ、白桃など核種
    MLF由来のヨーグルトのような香り
    石灰のようなミネラル感、白い小さな花や蜜のような香りもほんのり。
            樽香はほとんどなし

味わい 果実味豊かで酸とのバランスが良い。コクもある。後味はミネラルで引き締まり、バランス・まとまりがいい。余韻は中程度の長さ。
素直に美味しいワイン。
ブルゴーニュの白としてはかなりコストパフォーマンスが良いと思う。
家飲みワインとしてはとても優秀!! 
リピート決定。

山とワイン

山歩きが好きでワインが好きな私の小さな悩みは、好きなワインを山に持っていけないこと。

いや、持っていけないことはないけれど(ワイン用プラティパスもあるし)、ワインが苦手とする振動を歩いている時に思い切り与えてしまうのが嫌なのです。

せっかくお気に入りやいいワインを持っていっても味が落ちていたら悲しい。

そしてお気に入りや大切なワインであればあるほどグラスも重要、サーヴする温度も重要。リーデルのオー、持ってはいるけどかさばるし割れたらいやだし、さすがに山には持っていけない…。

そう思うとどうしても失礼ながら気持ちの入らないワインばかり持っていくことになります。それはそれでいいんだけどさ・・・。細かいこと気にすんなってことですよね。楽しく飲めれば良いのだ!

 

そんな解決しようがない悩みを持ちつつ、今年山小屋で購入して飲んだ記憶に残るワイン2種について備忘録。

 

一つ目は南八ヶ岳にある赤岳天望荘で飲んだ白ワイン。

イタリア・ウンブリア州Orvieto classico DOC、生産者はカステッラ・デラ・サラ。
赤岳天望荘はワインの品揃えが山小屋にしては多くて驚きました。小屋の隅にはエノテカの段ボールが置いてありました。ヘリで上げているんでしょうねえ。うーん、すごすぎる。しかもワイングラスまで置いてある!

オルヴィエートは世界一美しい丘上都市と言われることもある街。
昔、ローマからフィレンツェへ向かう鉄道の中からオルヴィエートの丘を眺めることができた(気がする・・)。

数年後、日本の標高2722m地点から夕暮れを眺めながらあのオルヴィエートの丘に想いを馳せることになるとはまったく思いもかけないこと。夕暮れも息を飲む美しさ、本当に贅沢なひと時でした。

 

f:id:essentialoflife:20171126143214j:plain

f:id:essentialoflife:20171126143311j:plain

f:id:essentialoflife:20171126143327j:plain

 

もう一つは赤岳山麓にある赤岳鉱泉
ここは運がいいとステーキが食べられる山小屋。
山小屋でステーキなんて出るところはないからほんとテンション上がります笑。
普通の山小屋はだいたいハンバーグやカレー、生姜焼き、などなど。変わったところでは石狩鍋なんてとこもあったけど、やはり食料の運搬や保管などを考えるとそんなメニューにならざるを得ない。生野菜なんて出ない(というか出せない)。食事を出していただけるだけでもありがたいこと。

しかし、しかーし、ここは生野菜とステーキが出るのです。
まだ標高低いからできることなのかな。
日頃の行いがいいのか(笑)、先日初訪問した時はステーキでした。

ワインは合わせて山小屋に置いてある井筒ワインの信州赤。メルロ主体。

f:id:essentialoflife:20171126150832j:plain

しかもこの後は偶然にもピアニストの方によるピアノコンサートまで!

山小屋でお風呂にも入れてワインとステーキ、コンサートと心にも胃袋にも大変贅沢な山旅となりました。
たまにはこんな山もいいね!

 

 

 

 

日々のワイン記録 オート・コート・ド・ニュイ ルージュ 2015  グロ・フレール・エ・スール

金曜の夜は何もなくてもなんとなくうきうきしてしまいます。

昨日の金曜夜は、1週間の自分の頑張りをねぎらうために何を飲みたいかなあ、とぼんやり考えていたら「ピノ・ノワール!」という心の叫び。
じゃあ何が食べたいのかなあ、と考えていたらこれまた「ハンバーグ!」

うーん、ハンバーグにピノ・ノワール・・・別に悪くはないんだろうけどベストマッチではないよねえ・・・ニューワールドのピノだったら悪くないかも・・

と逡巡しつつ、でもやっぱりハンバーグが食べたい!
というわけでいそいそとスーパーに材料を買いに。

そしてセラーを開けて物色したところ、目に留まったのはこちら。

f:id:essentialoflife:20171111100555j:plain

銘柄:ブルゴーニュ オート・コート・ド・ニュイ ルージュ
生産者:グロ フレール・エ・スール
生産年:2015年
産地:フランス ブルゴーニュ地方 コート・ド・ニュイ地区

 

2本買っておいたうちの1本。

以前ワインの先生に「2015年のブルゴーニュは絶対買いのグレートヴィンテージです!」と教えていただき買ったもの。オート・コート・ド・ニュイだけど。だって(もちろんものにはよるけど)村名とか1er Cruとか気軽に家飲みするには高いんだもん涙。

多分まだずっと置いておいたほうが美味しくなるんだろうけど、今どんなものかちょっと飲んでみたい・・・。

ハンバーグと合わせるのはどうかと思いつつ、このワインへの好奇心とハンバーグへの欲望に忠実に開けてみることに。

 

色調は中程度の紫がかったルビー。輝き、つやは十分あり、クリーンな若々しい印象。

香りは一瞬レーズンを思わせるほど完熟しきったブルーベリーやプラム、どちらかといえば黒系果実に近い。バニラや燻したような香り、甘草・シナモン・クローブなどスパイスの香り。ほんのりミントのような香りもあり。

飲んでみると瑞々しく、酸は豊かで、しっかりしているがシルキーなタンニン。ミネラルによる引き締め感もあり。辛口。

各要素ごとが突出し、まだ全体のまとまりがなく、バラバラな感じなのが惜しい(わかっていて開けちゃったのでワインに罪はないのです)。

けれどしっかり太陽を浴びたブドウで、複雑な香りと味わい。しばらく寝かせておくのが楽しみです。もう1本はしっかり封印しておくことにしました。忘れてうっかり飲んでしまわないようにしなければ・・・。

 

オート・コート・ド・ニュイは専門家の官能テストで認められたものだけが単なる「AOCブルゴーニュ」ではなく「AOCオート・コート・ド・ニュイ」として認められ、ブドウの収量制限も村名並み。
つまり「AOCブルゴーニュ」よりは質がいいことが多いということ。
あまり気を張りすぎずに美味しいブルゴーニュワインを探す時にはいいかもしれません。

 

しかしその夜、お風呂に浸かりながら今夜の夕食を振り返り
「やっぱりあれはハンバーグじゃなくて秋刀魚の赤ワイン焼きとか肝醤油焼き、マグロの漬けみたいなほうがよかったんじゃないか・・・」
などとモヤモヤしている自分に気がつく。

その時の一番食べたいものを食べ、飲みたいものを飲んだにもかかわらず、それでも未練がましく、くよくよと後悔する意気地のなさよ・・・。とほほ。

なかなか一球入魂のマリアージュへの道は遠いものです。

目の前の欲望に振り回されない強い心が必要か。