A Life with a glass of wine

慌ただしい毎日でも1杯のワインがあれば。人生を豊かにしてくれるワインと日々の記録。

日本ワインを学ぶ

f:id:essentialoflife:20170709124112j:plain

今ブームの日本ワイン。

試験で勉強したり、実際にちょこちょこ飲んだりはしますが、あまり詳しくはないしよくわからないところもあるので5回連続のクラスに出てみることにしました。

実は元々日本のワインにあまりいいイメージはありませんでした。
なんか酸っぱくて薄い、みたいな…
 
ワインを勉強するようになり、日本ワインを飲む機会が増えると、「え?これ日本のワイン?」と思うような美味しいワインに出会うことが増えました。
日本ワインの品質向上や、ブームとのタイミングもあったでしょうか。
 
美味しい日本ワインは生産数が少なかったり、マニアの間で取り合いになったりなかなか手に入りにくいこともあります。
コスト高めだったりすることもあります。
しかしワイン好きの日本人が日本のワインを知ってない訳にはいかないだろうと思い、受講することにしました。



先生は大滝恭子先生、日本ワインを愛する会の事務局長でいらっしゃいます。
ワイン初心者の方も多いクラスなので・・とのんびり構えていたら予想外にがっつり講義モード、濃厚な内容です。

近年の日本ワインの品質向上はめざましく、2000年以上前からの世界のワイン造りの歴史を考え合わせるとすごい急カーブの成長曲線。

それを支えているのは、日本人の技術力、真面目さ、味覚センスなどを基盤とした品質向上、新しい世代の造り手さんの活躍とそれを応援する人々、マスメディアへの露出、取り扱い店舗増加、身近で手軽な旅の目的としてのワイナリーツアーへの注目など・・。

しかしまだまだ生産量も少なく、よちよち歩きの状態。

 

耕作放棄地の問題やワイン用ブドウ農家アンケートで引き抜きたいブドウNo1の品種とか・・^^;本には書かれていないようなリアルな日本ワインを取り巻く話を色々聞けて興味深かったです。

 

ちなみに今回個人的に一番良かったのはマリコヴィンヤードのシャルドネでした。

酒折ワイナリーのマスカットベーリーAもなかなか。

 

それにしても、井筒ワインのメルロ、試験対策で何回飲んだことやら・・。

このヴィンテージは特に青い香りが強いと感じました。チリのカベルネ・ソーヴィニヨンに私はいつも「ゆでた青い豆」の香りを感じるのですが、これはまさに同じ香り。

日本のメルロは和食にも合う優しい味わいですね。

 

 

 

日々のワイン記録8 シャルル・エドシック ブリュットレゼルヴ NV

f:id:essentialoflife:20170709121222j:plain

銘柄:シャルル・エドシック ブリュット(注1)レゼルヴ 
生産者:シャルル・エドシック(N.M)(注2)
国・産地:フランス、シャンパーニュ地方、ランス
生産年:NV(注3)
価格:7000円前後
 
暑くなるとシャンパーニュが飲みたくなります。
(暑くなくても1年中飲みたいですが)
 
普段の家飲みにはちょっと開けづらい価格ではありますが、今週末どうしても飲みたくなり、「なんでもない週末、おめでとう!」ということで開けてみました。(ほぼ日の「なんでもない日、おめでとう」、名言だなあということで、便乗です。)
 
どうしても飲みたくなった理由の一つは、仕事帰りのスーパーで旬の朝採れとうもろこしと出会ってしまったこと。
2年前に通っていた料理教室で「これ絶対シャンパーニュと合わせたい!」と記憶に強く残っていた「とうもろこしと海老の春巻き」。2年前からずっと念願だったこのマリアージュを思い出し、「今やらないでいつやる!」と週末で若干お疲れ気味の自分を奮い立たせて作ってみました。生のとうもろこしとエビ、クリームチーズと味噌などでフィリングを作り、春巻きにして揚げます。
 
もう1品、伊藤まさこさんの本にあった「水茄子とブルーベリーのサラダ」
水茄子とブルーベリー、赤ワインビネガー、オリーブオイル、塩こしょうに少しミントの葉を散らしました。
これも夏の爽やかな一品です。

シャンパーニュは飲み始めは10度前後からスタート、その後徐々に温度が上がるにつれて豊潤さが増してきます。
外観は豊かできめ細かい泡立ちと美しい黄金色。
香り豊かで、熟した黄色い木成り果実(アプリコットや黄桃)の豊かな香り。
ブリオッシュ、ヘーゼルナッツ、温度が上がるにつれて焙煎したてのコーヒー豆のような香りも出てきます。
味わいは豊かでシャープな酸があり、辛口ですが、果実みが豊かでふくよか、まろやかな印象です。旨味も感じられ、複雑な味わいです。
10年以上熟成されたリザーブドワイン(ヴァン・ド・レゼルヴ)が40%と使用比率が高いことがこの味わいを生み出すことに役立っているようです。
これは好きな味わいだなあー。
 
春巻きとのマリアージュも予想通りばっちりでした。
しかし張り切って春巻きを作りすぎ、それだけでお腹いっぱい・・・。
2年越しの小さな願いが叶い、心もお腹も満たされました。

やっぱり夏は揚げ物と泡ですね。

注1 ブリュット:残糖量 12g/l 以下。甘辛度の規定で7段階中、3番目に辛口。
注2 N.M(ネゴシアン・マニピュラン):シャンパーニュ製造者が必要なブドウの一部または全部を外部から購入して造る形態。
注3 NV(Non Vintage):複数年のワインを調合(アッサンブラージュ)して造る
 

イタリアワイン講座を受け始めました

この4月期からもう一つ、イタリアについての基礎的な講座を月1回受講しています。
熟成バローロを今年になって立て続けに飲む機会があり、あまりの素晴らしさにノックアウトされたのをきっかけに受けることにしました。
熟成したバローロピノ・ノワール好きだったら好きな方が多いんじゃないでしょうか。
 
講師は日本のイタリアワイン第一人者とも言われる先生です。
先生は一見朴訥とした雰囲気ですが、口をひらけば軽妙なトークで溢れるイタリアの食とワインへの愛を語る、楽しい方です。
そのイタリアへの愛はなんとなく本間チョースケを連想してしまいます。
いや、あんなに濃く暑苦しい感じでは全くありませんが、溢れる情熱ぶりがね(笑)。
 
第1回のテーマはピエモンテ州
試験勉強として表面的なことしか知らなかったため、お話はとても興味深い内容でした。
 
先生の話を聞いていると、食文化だけでなく生産者やインポーター間の人間的なやりとりやワイン流通の経緯など、お店に並べられたワインを眺めているだけでは知ることのできない裏側を知ることができて面白いです。
実体験、経験に裏打ちされた話の面白さ、とはこういうこと。
 
ピエモンテ州を代表する品種である6品種についての解説を聞いた後テイスティングしました。
 
試験で暗記はしたけれど、飲んだこともなく、どんな味わいなのかあまり想像もできなかった白ブドウ品種 アルネイス、コルテーゼ。
飲んだことはあったけどあまり美味しいと思ったことのない白ブドウ品種モスカート。
飲んだことはあるけれどその違いについてあまりよくわからないままの黒ブドウ品種バルベーラとドルチェット。
バローロを造る黒ブドウ品種ネッビオーロ
 

f:id:essentialoflife:20170701114034j:plain

 
先生が選んでくださったモスカートは今までのモスカートへのイメージが変わりました。
そして先生が熱く語ってくださった、質がいいのにも関わらず不遇を囲っているバルベーラダスティ(注1)については、聞いているだけで私も不憫な気持ちになり、つい探して買ってしまおうかと思ってしまいました(笑)。
 
しかし翌日、ソアヴェ(注2)を飲みましたが、やはりコルテーゼ、アルネイスとの違いがまだいまいち私にはわかりませんでした。しょぼん。
どれもイタリアの白というのはわかるけれど、そもそもそのワインのどの要素を拾ってイタリアだと認識しているのか。
感じたそれらの品種間の違いをどのような言葉で表現するのか。
 
まだまだ修行不足、イタリアワインを飲み足りないようです・・・。
 


注1:バルベーラ ダスティ
 ピエモンテ州アスティ県で生産される赤ワイン、品種はバルベーラ

注2:ソアヴェ
 ヴェネト州で生産される白ワイン、品種はガルガーネガ

仙台でひとりビストロに通うこと2晩

1ヶ月程前に出張で一人仙台に3泊4日で滞在しました。
 
昔は出張ともなれば張り切って夕食をどこでとるか事前にしっかり吟味し、かっちり予約をとっていましたが、なんだか今回は行き当たりばったり、その時の気分で考えよう、と情報収集もなしでやってきました。
 
宿泊したホテルは、「第一インパーク」。
実はあまり期待していなかったけど行ってみてびっくり、ビジネスホテルですが清潔感があり従業員の方の対応も良く、小綺麗でなかなか雰囲気の良いホテルです。
名前からあまり冴えない印象を勝手に持っていたのですが、そんな自分の思い込みと器の小ささを改めて反省です。ほんとすみません・・・。
これから仙台に来るときはここを定宿としようと心に決めました。
 
当初やる気のなかった夕食も、実際にその時刻になってみると
コンビニご飯も侘しいし、初めての仙台なのに全国チェーンの牛丼屋だとなんだか悔しい・・。
ということで、近場で良さそうなお店を検索し、目に止まったビストロに行ってみることにしました。ホテルから徒歩30秒くらいです。近!
 
「日仏食堂 ラトリエ・ド・ヴィーヴル」
外観はおしゃれな可愛らしいビストロ風。
17時半くらいに伺いましたが、比較的若いシェフが一人。
炭火の香りが漂う店内です。
 
ドリンクメニューは作っておらず、ビール、ワイン、日本酒が各種あるのでシェフと適当にお話ししながら決めるスタイルです。ワインは泡は3種、白、赤とも各5種程度、全部で15種程度常時グラスで提供しているとのこと。
まずは泡を頼みます。
まだ明るい時間でもあり、スペインのカヴァ、ロゼを。
 
突き出しに新玉ねぎと小松菜、ビタミン菜の和え物。
薄味の出汁が効いていて美味。
 
 
このお店は炭火焼きが得意なようです。
まずは筍の炭火焼き、ばっけ味噌添え
皮付きヤングコーンの炭火焼き を頼みます。

f:id:essentialoflife:20170629204446j:plain

ばっけ味噌とはふきのとう味噌のこと。仙台の昔ながらの味なんだそうです。
これの組み合わせが抜群に美味しい!
筍とふきの組み合わせは家で煮物にすることはあるけれど、
筍をシンプルにグリルしてふき味噌を添えるだけでワインにも合うとは目から鱗です。
もちろん日本酒にも合いますね。
来年絶対やってみるぞと心に誓いました。
 

f:id:essentialoflife:20170629204407j:plain

 
ヤングコーンもヒゲの部分まで甘くて美味しい。
 
 
 野菜に合わせて白のグラスワインをお願いすると、グルナッシュブランが出てきました。ルージュは時々飲みますが、ブランは初めてです。
産地はフランス ラングドック地方のマルペール。
生産者はシャトー・ド・コワント。
酸は丸くやわらかく、フルーティで厚みがある、アルコールのボリューム感もあります。
白い花の香りとわずかな苦味。
春野菜の炭火焼きによく合います。

f:id:essentialoflife:20170629202448j:plain

 
 
食べつつ、飲みつつお話ししていると、シェフが日本酒に対して造詣が深いということがわかりました。せっかくなのでお勧めのお酒を飲まないわけにはいかないだろう!というわけでおまかせでお願いしました。
 
水鳥記 特別純米酒 雄町 5割5分。
蔵元は気仙沼の角星。
雄町は飲食店にしか下ろしていないようです。
(一般販売されている山田錦5割5分はインターナショナルワインチャレンジ2017の日本酒部門でbronzeを獲得、2014年にはgold獲得もしています。)
このお酒は初めて知りましたが、たいへん美味しかった。
 

f:id:essentialoflife:20170629204309j:plain

 
お酒に合わせたのはほやと春野菜のフリカッセ(軽いクリーム煮のこと)。
 
ほやは生まれも育ちも九州人である私には全く馴染みがない食べ物で、刺身やほや酢を食べたことがこれまで2〜3回あるかないか。嫌いでは全くないけどそんなに感動した覚えもない、といったところでしたがこれが驚きの絶品です。
まさかほやがこんなに美味しく、しかもフレンチになるとは。
磯の香りのするほやの食感、甘ささえ感じさせる味の濃い野菜とがうまくクリームソースでまとまり、それぞれ違う方向に行きそうな各要素が絶妙なバランスです。

f:id:essentialoflife:20170629204249j:plain

 
濃醇(っていうのかな?)なこの日本酒によく合います。
 
 フレンチの要素もあり、和食の要素もあり、気軽に訪問できるお店。
自宅の近くにこのようなお店があれば、常連化することは間違いない良店でした。
全体を通してまず野菜がとても美味しい!
フレンチメニューもあれば和食的メニューもあり。
お酒も豊富(ワインは比較的ビオが多め)。
ワインと日本酒と料理、ガチガチに分けて組み合わせを考えなくても、合わせたいように合わせれば新しい美味しい発見があるのだと認識させられました。
 
入店は17時半、出たのは20時頃。
平日の早い時間だったせいか、最初から最後までシェフと二人きりでしたので
シェフの熱い思いも色々聞かせていただくことができ、楽しい夜となりました。
 
そして食べたかったけどお腹いっぱいになり断念した別メニューを食べるためしつこく翌日も訪問。変わらず美味しい料理と暖かなおもてなしをしていただきました。金曜日だったのでお客さんは前日と打って変わって多く、前日にゆっくりした時間を過ごせたことに感謝しました。
シェフ曰く2軒目として利用されることが多く、早い時間はゆっくり食事ができるようです。
 
また仙台に行く際には訪問必須のお店となりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

久しぶりに

諸事情にて多忙にしており、だいぶ更新が怠ってしまいました。

まだ忙しさを抜け出せてはいないのですが、ぼちぼち再開していこうと思います。

やはりブログに向かうと日常業務や家事とも違う世界でなんとなく楽しいです♪

 

 

三浦雄一郎さん「諦めなければ夢は叶う」

有名な三浦雄一郎さんの講演を聞いてきました。
三浦雄一郎さんは現在84歳。
80歳で世界最高齢エベレスト登頂を果たした方です。

 
子供の頃は体も弱く学校でも落ちこぼれだった三浦さん。
肋膜炎で約1年間の入院生活を送りその病み上がりに、当時大学山岳スキー部の指導をしていた父親に連れられ、大学生の合宿に混じって冬の蔵王で過ごした。
戦前だから今のように気軽に行けるルートもない時代。
そんな冬の蔵王を踏破し、スキーを楽しんだこと。
それが落ちこぼれで体も弱かった三浦さんを支える自信になった。
 
その後、スキーの選手としてオリンピックを目指すも断念。
北海道大学獣医学部で助手として勤務していたが、どうしても大好きなスキーや山で
世界を見たい、世界一を目指したい、との思いが強く、周囲が引き止めるのを振り切ってプロスキーヤーに転向し、世界プロスキー選手権で世界ランク8位に。
イタリアのスキー大会では当時世界最高速度を記録。
その後も世界中の山からのスキー滑降を続けた。
 
60歳となった時、三浦さんは引退することにした。
同年代の植村直己さんを始め、日本有数の登山家、冒険家は皆遭難し
亡くなっていったが、自分はなぜか運良く生き残ることができた。
これからは引退してゆっくりしよう。
 
しかしもともと飲むことも食べることも大好きだった三浦さん。
引退後も変わらず飲んでは食べて。
にもかかわらず、運動量はガクンと減り、体操をしたり軽くウォーキングに行く程度。
するとみるみるメタボになった。
身長164cmなのに体重は90kg近く。
高血圧、高脂血症不整脈、慢性腎臓病。
医師に「1年のうちに透析も必要になるかもしれない」とまで言われた。
 
一方その頃、父の三浦敬三さんは90歳代。
99歳で4000m級のモンブランの斜面をスキーで滑走するのだ、と
毎日トレーニングを欠かさずやっていた。
90歳を超えて3回骨折していたが、それを乗り越えていた。
 
その父を見て、三浦さんも息子の自分がこんなことをしている場合ではないと発奮。
65歳の時にエベレスト登頂するという目標を立てた。
しかし、最初は自宅近くの藻岩山、500m強を登るのにも脂汗、足がつり、息も絶え絶え。
メタボを治して、足腰も鍛え直して・・・気が遠くなる思いだった。
 
けれど地道に少しずつ。
両足におもりをつけ、ザックにおもりを入れ背負って歩くことで鍛え直した。
 
そして、70歳、75歳とエベレスト登頂に成功。
 
しかし76歳時には大腿骨骨折と骨盤骨折を生じ、手術とリハビリを受けた。
そして不整脈に対する数回の手術。
 
それらを乗り越えて80歳で3度目のエベレスト登頂を果たした。
 
三浦さん曰く、成功のコツは年寄りの半日仕事。
朝から半日登っては昼食をとり昼寝して宿泊。
通常よりずっと遅くても、このペースが良かった。
また、チームドクターを含め、多くのサポートチームに支えてもらったから成功した。

 
最後に三浦さんは、来年はチベットのチョオユー、世界で6番目の標高である8000m級の山からスキー滑降するつもりだとおっしゃり、講演会場には若干苦笑ともどよめきとも言えないざわつきが起こりました。
 
 
 
以下、講演を聞いて感じたこと。  
 
人それぞれ体質の違いはあるので、みんなが三浦さんと同じことをやって
同じようになるわけではないけれど、
それでも高血圧、不整脈、腎障害がありつつエベレスト登頂達成は驚異的。
 
確かにこの人の記録だけ見ると雲の上の人と感じるけれど、
その陰には挫折も多かったよう。
けれど誰にも頼まれていないのにエベレストに3回も登った。
普通には不可能だろうと思われるようなことを可能にした。
 
そんな、ねえ・・高齢の病気持ちでエベレストに行くなんて、命を縮めること、
と思ってしまいがちだけど、
本当にしたいことを諦めたまま、たかだか数年、数十年生きながらえることに
なんの意味があるんだろう。
この人は、高血圧だろうが不整脈だろうが骨折しようが、したいことをしている。
 
こんなことを言うのは失礼かもしれないけれど
でも生身の人間なんだから間違いなく
この人もいつかどこかでなんらかの形で亡くなるだろう。
いくら医学が発達して平均寿命が伸びても、個々の人間の命の終わりは
人為的に操作できるものではない。
寿命は天が決めている。
 
迷っている暇なんてない。
私の人生だっていつ終わるかわからないけれど、
自分の心に叶うこと、やりたいことに集中して一直線に向かう。
大事なことは自分はこれがやりたいんだという情熱。
そしてそのためにどうすればやれるのか?ということだけにフォーカスすること。
 
あちこちに似たようなことは書いてあるし、私も読んで頭でわかった気になっていた
けれど、直接お話を聞いてその人のエネルギーを感じることはまた全然違いますね。
 
三浦さんのtake home message。
「諦めなければ夢は叶う」
力強い言葉です。
 
 
 
 
 
 

日々のワイン記録 7 ドメーヌ ミエ・イケノ ピノ・ノワール 2014

ドメーヌ ミエ・イケノ ピノ・ノワール 2014
 
エレガントで線が細い、華奢な印象です。
八ヶ岳の稜線がデザインされたラベルも素敵。
 

f:id:essentialoflife:20170520084149j:plain

 
ドメーヌ ミエ・イケノは八ヶ岳山麓にある小規模ワイナリー。
ブドウ栽培から醸造まで一貫して手がける日本では数少ないドメーヌの一つです。
池野美映さんは、2001年にワイン醸造を学ぶためにフランス モンペリエ大学に留学、ワイン醸造士の資格を取得したのち、2007年にワイン畑を開き、2011年ご自身のワイナリーをオープンされています。
 
外観
淡い赤
 
香り
ざくろ、アセロララズベリーのようなフレッシュな赤いフルーツ
サワークリーム
かすかに紅茶、シナモンのようなスパイスの香り
ミネラル感
少しなめし皮のような香りも
 
味わい
酸が豊かでタンニンは滑らかでエレガント。
果実味もありつつ、かすかに薄い醤油のような旨みも感じます。
辛口
余韻も長め。
 
フレッシュさが前面に出ているが、ごくわずかに熟成感も出始めており、複雑な印象。
 
醤油を絡めたキノコソテーによく合いました。